遠州の小京都 森町

language

紅葉を楽しむ、秋の森町めぐり

秋の森町は、また一段と風景を美しく彩ります。
森町の食と伝統を感じるコースをめぐりながら、自然が織りなす秋の景色をお楽しみください。
コース

コースの見どころ紹介

小國ことまち横丁

小國ことまち横丁 小國神社の鳥居の横にある憩いの場所で休憩 森町のお茶創始者として100余年の歴史を持つヤマチョウ(鈴木長十商店)のお茶や、お茶スイーツのほか、実演販売である名物「真っ赤な真っ赤な袋のお茶の詰め放題」は多くの観光客から注目を集めています。
また、焼きたてのお団子やソフトクリーム、抹茶わらび餅、昔づくりもち焼きせんべい、生地を自然発酵させて作るかりん糖など、どれも食べたくなってしまうような軽食・スイーツのお店も軒を連ねます。
神社で秋の風景を楽しんだ後、休憩がてら立ち寄ってみてください。

小國神社

小國神社 永い歴史を持つ美しい古社の紅葉 古から時を刻んできた老杉が繁る参道や社殿群は、神聖かつ荘厳な雰囲気に満たされています。
ご祭神である「大己貴命(おおなむちのみこと)」は、別名大国様(だいこくさま)と呼ばれ、心優しい「縁結びの神さま」として親しまれています。
多くの見所がありますが、中でも縁結びのご神木として名高い樹齢700〜800年の「ひょうの木」は、恋愛、人間関係、仕事などさまざまな縁を結ぶと信仰されています。春にはサクラ、初夏の新緑、秋にはモミジの紅葉が楽しめます。 詳細をみる

森の茶太田茶店

森の茶太田茶店 赤い大きな急須が目印のお茶喫茶 小國神社の門前にあるお茶屋。番茶から贈答用の高級茶まで豊富に取り揃え、併設している食事処では手作りおむすびなどのランチをいただくこともできます。
季節ごとに替わるお茶屋ならではのお茶スイーツも魅力。夏場はかき氷も人気だそうです。
また、「旬菓の杜」では、自社工房で手作りしている和洋菓子も販売しています。広々とした屋外は、マイナスイオンたっぷり。秋のスイーツをお茶と一緒にいただきながら、ゆっくりとくつろいでみてはいかがでしょう。 詳細をみる
この付近のお茶屋
小國ことまち横丁

橘谷山大洞院

橘谷山大洞院 静かな佇まいの名刹。紅葉が境内を彩る 1411年に師の梅山禅師を開山に請し、二世如仲天誾禅師がお開きになられた曹洞宗の古刹で總持寺五院列祖(五摂家)の第一太源派々頭。
全国に3400余の末寺をもち、森の石松の墓があることでも知られています。境内には「消えずの灯明」、「世継ぎのすりこぎ」「結界の砂」などがあり、如仲禅師にまつわる数々の伝説が残っています。
毎年11月23日には、馬頭観音ご開帳などが行われる「紅葉まつり」が開催され、美しく色づいた紅葉が境内の風景に彩を添えます。 詳細をみる

歴史の散歩道

歴史の散歩道 歴史と自生植物に親しむ散歩コース 蓮華寺から大洞院へと続く往古の馬道は、観音池、みほとけの道、鏡石、常夜灯などの史跡が点在し、「歴史の散歩道」と名付けられています。
海抜189m地点の八形山山頂は、奇岩奇石の霊山として知られ、遠州灘が望める風光絶景の地。散歩道周辺には、野生植物の説明板も備えられ、手軽に歴史と自然を体験することができます。
四季折々の植物の姿を楽しみながら、森林浴を楽しんでみてはいかがでしょう。 詳細をみる

長谷川健一商店

長谷川健一商店 長谷川健一商店 茶審査技術七段の店主が営むお茶屋 森町のお茶を、早くから全国発送に対応し始めたお茶屋。
甘みと渋みの絶妙バランスから生まれるコクを活かすために、火入れ加工の技術が重要。長谷川健一商店では、昔ながらのガス火を使った火入れ方法を保っており、その香り高さが評判を呼び、県外からも注文が絶えないようです。
平成25年には、全国茶審査技術競技大会で県の代表の一人として参加し、七段を取得。昔ながらの雰囲気を保つお茶屋で、おいしいお茶を見つけてみてください。 詳細をみる
長谷川健一商店 長谷川健一商店

この他のコース

        
歴史・文化 開運福徳・縁結び 森町のパワースポット巡り
歴史・文化 立体茶園と古の往来を思わせるスポット巡り
体験・見聞 みんなで楽しむ 森町アクティブ体験
体験・見聞 森町春の桜くらべと城跡めぐり
体験・見聞 森町の歴史文化に触れる旅
景観・山水 森山焼と森の茶・和菓子を堪能
景観・山水 天浜線でいく、初夏の森町 花めぐり
歴史・文化 小京都を感じる、森町歴史探訪
歴史・文化 レンタサイクルで巡る、森町歴史の旅
  1. 遠州の小京都 森町観光サイト
  2. 森町さんぽ
  3. 紅葉を楽しむ、秋の森町めぐり